KwanseiGakuin

5月6日・7日 九州・沖縄地区の集い

5月7日に開催されました、「九州・沖縄地区 関西学院同窓会の集い」に参加するため、6日早朝、新神戸駅に集合し、一路九州に向かいました。
このたもは、山中幹事長がプログラムをお膳立てくださり、楽しく有意義な1泊旅行となりました。
参加者は、北野支部長・田中副支部長・乾顧問・森畑幹事(本部組織委員長)・十川さん(本部編集委員長)・山中幹事長・岡田拓也くん・宮本事務局長の8名での行程です。
まず、博多駅よりレンタカーで唐津方面へ、「呼子」で、動いているイカの刺身をはじめとするイカ料理を堪能したあと、名護屋城跡を訪問、豊臣秀吉に思いを走らせ、太宰府天満宮でお詣りをしました。


夕食は、華味鳥というお店で、名古屋支部の方々と合流し、支部間交流。
葛谷支部長はじめ、楽しい交流会となりました。
大きな声では言えないこともありましたが、名古屋支部の皆さんも大いに楽しんでいただいたようです。
ご参加いただいた名古屋支部の皆さま、ありがとうございます。


5月7日(土曜日)九州・沖縄地区の集い

7日は、本番、もともと「フェスティバル」という形で開催される予定でしたが、震災があったため、名称も内容も変更され、鎮魂の意味合いが強くなりました。
ここからは、九州在住の粟村副支部長にもご参加いただきました。

 

第1部は、
グリークラブの演奏に始まり、すばらしい歌声を聞くことが出来ました。
そして、NHKに出演されている、同窓の 小島幸保弁護士と澤登弁護士の、小気味よいトークで番組裏話など講演され
応援団総部吹奏楽部による演奏が行われました。

 

第2部は、懇親会。
小倉祇園太鼓や応援団総部の演舞を、料理とともに楽しみました。

 

震災のため、準備を進めていた方々もたいへんななか開催できたことは、実行委員会の方々や、同窓会本部をはじめとする裏方の方々の努力が相当なものであったと聞いております。

 

本当にお疲れさま。
ありがとうございます!!